flip101pa (1)

もうWindowsもMacもいらないは言い過ぎですが。

chromebook flip 101paを購入して1ヶ月が経過しました。
ものすごく気に入っています。
Windowsマシンの起動回数が格段に減りました。
今ではchromebookのドキュメントで作ったdocxファイルのフォーマットをWordで確認するときくらいしか起動していません。

いいところ

めちゃ物理的に軽い

0.90グラムしかありません。すごく軽いです。
この軽さゆえ、どこにも持っていけます。
僕も毎日仕事用のカバンに入れて持ち歩いています。

めちゃ動作が軽い

動作が軽快です。処理に待たされるなんてことはありません。

めちゃ電池持つ

7時間くらい持ちます。外でよほど長時間作業しない限り電源コードを持っていく必要はりません。
また、USB-Cのため、他のUSB-C端子と共有できるのが嬉しい。
やったことはありませんが、モバイルバッテリーでも充電はできるかも。夢が広がりますね。

めちゃキーボードが打ちやすい

普通のノートPC用キーボードより少し狭いですが、おおよそ問題ありません。
個人的にはむしろ打ちやすいです。打鍵感も良好です。樹脂っぽいので若干柔らかい感じがあります。
それとMacのようにスペースキーの左に英、右にかな変換キーがあります。
トグル式よりこっちのほうが使いやすいと感じます。

めちゃかっこいい

ボディが金属製のシルバーでかっこいいです。
貧乏人のMacBookとはよくいったものです。
ですが安物感は全然ないですよ。

めちゃ起動がはやい

電源を押すとすぐに起動してパスワード入力画面に遷移します。
また、スリープから起動してもすぐ使えます。
windowsはSSDでも少し待たされますが、それすらありません。

めちゃ更新に待たされない

例えばwindowsだと、作業をしようとしてPCを立ち上げたら更新が走り出して待たされる……なんてことがありますが、chromebookではありません。
また、更新も再起動するだけで完了します。

めちゃAndroidアプリ使える

Androidアプリも使えます。Kindleを入れておくと読書がはかどりますね。

めちゃ安い

いいところがたくさんあってお値段は40000万円前後です。
米Amazonだとさらに安く買えます!
ただ海外仕様だとキーボードがUS配列なのでその点だけご注意を!

悪いところ

トラックパッドがせまい

トラックパッドが狭いです。特に縦が短いのがツライ。
操作しているとすぐに端まで来てしまいます。
個人的にはマウスがほしいところです。

クリックが硬い

トラックパッドについている左右クリックキーが硬いです。
ずっと使っていると疲れます。

ショートカットキー付きマウスが使えない

僕はM570というトラックボールを愛用しているのですが、これは専用ソフトでサイドスイッチにショートカットを割り当てられます。
ですが専用ソフトはChromebookに対応していないため使えません。
およそ他のマウスも同様だと思います。
完全にカーソルを移動させるための道具としか使えません。
これは結構痛い。

充電しているとジーという音が聞こえる

充電していると本体からジーという音が聞こえます。
悪いところほどではないかもしれませんが、静かな場所だと気になります。

sublime textが使えない

当たり前ですが……個人的に必須のソフト「sublime text」が使えません。
ですが「caret」というChrome拡張で代替できることがわかりました。


デメリットよりメリットのほうが多いですね。
素晴らしいですfrip 101pa。
すっかりfrip信者になってしまいました。
このような素晴らしいプロダクトを生み出してくれてありがとうasus。
この記事を読んで興味が出た方はぜひご購入を考えて見てくださいね。