使用のきっかけ:MacBookAirの解像度1440×900に不満…

私の使用しているMacはMacBookAirの13インチ2012年モデルです。
スペックには基本的に満足してはいるのですが、ただ1つだけ不満を持っていることがありました。
それが1400×900の解像度です。
これ、個人的に縦が足りないんですよね。もう少しほしい…。
そんな中で見つけたのが「resolutionator」です!

resolutionatorとは?

これはシステム環境設定で選択できる解像度より大きいものを設定できるアプリです。
私の持っているMacbookAirでは最大1440×900までしかシステム環境設定では上げられませんが、それ以上の1680×1050とか1920×1200とか、はたまた2000以上(!)の解像度を設定できます。

使用するメリット

圧倒的に画面が広くなります。特に縦幅が改善されるため、縦スクロールしていくブラウザだとかテキストエディタだと一画面に表示できる情報量が増えて作業効率アップにつながります。

下は解像度1440×900

1440_900(resize)

下は解像度1920×1200

1980_1200(resize)
大分広さが違うのが分かると思います。

使用するデメリット

resolutionatorを使用すると設定できる解像度1680×1050以上を設定すると副作用としてフォントが若干ボケ気味になります。
が、ほとんど気にならない部分だと思います。私はこのアプリを導入以降1440×900以下を全く使っていないため、慣れてしまってこれが普通になっています。
また当然文字が小さくなります。実用的な解像度は13インチMacbookAirだと1680×1050か1920×1200だと思います。それ以降だと文字が小さすぎて見づらいです。
しかし、13インチより大きい外部ディスプレイだとその限りではなく、それ以上の解像度もアリだと思います。

備考:有料アプリとのことだけど…

3ドルの有料アプリとのことなんですが、自分の環境だと期間限定トライアル版で一か月以上使えちゃってるんですよね…。これは何なんだろう?
どちらにせよとても便利なアプリなので近々課金しようと思います。

最後に

システム環境設定で設定できる解像度に不満を持っている方々は使うと幸せになれると思いますので、使用を検討してみるといいかもです!