PCで絵を描く上であると便利な左手デバイス。自分はテンキーにショートカットを割り振って使っています。

HidKeySequenceを使っているとブルースクリーンを起こす

以前からHidKeySequenceというUSBキーボードやテンキーを「プログラマブルキーボード 」のようにショートカットを割り振って利用できるソフトを使用していたのですが、どうも利用していると結構ブルースクリーンでPCが落ちる...。
検索しても同じような例がweb上に上がってないため、原因を探るもテンキーを連打するとなりやすい気がするという位しかわからず、解決法は見つからない次第でした。

同様の機能を持つDresskeyに切り替えた

仕方がないのでHidKeySequenceの使用を諦め、同様の機能を持つDresskeyを使用することにしました。
Dresskey

Autohotkeyの使用も検討しましたが、設定がテキストベースで手こずりそうと感じたため、やめました。
DresskeyはGUIが用意されているため、設定もHidKeySequenceに近い感覚で行えます。

また、HidKeySequenceよりもDresskeyのほうが設定画面自体にもヘルプが用意されているため、設定しやすかったです。設定できる内容もDresskeyのほうが多く、幅広く設定できそう。

2015-09-20

さらにアプリごとに割当を変えることができるため便利。操作しているアプリが変わると割当が自動で変わります。

現時点で10時間ほど使用してみましたが、ブルースクリーンで落ちるといったことはなく、問題なく使用できています。

HidKeySequenceに問題を感じて代替品を探している、といった方はDresskeyを使用してみるのはいかがでしょうか?

ちょっとした問題

HidKeySequenceもDresskeyにも言えることなんですが、更新が途絶えているんですよね...。
今は問題無いかもしれないですが、今後のことを考えると設定の敷居を乗り越えてでも更新が続いているAutohotkeyを使用するのがベストかもしれません。